生クリーム大福製造20年の老舗>テレビ・雑誌で話題の23種類の生クリーム大福専門店

水曜定休 お困りの時フリーダイヤル:0120−74−2641




厳選した北海道十勝産の小豆・白手亡・フレッシュ生クリームを使用した28年製造の生クリーム大福専門店です




お知らせ
静岡県知事室
生クリーム
小豆   
餅米   
製造
FAX用紙
解凍方法
雑誌掲載
プレゼント
全国送料無料
   
特定商取引法
   
セキュリティー
   
プライバシーポリシー
   
テレビ放映
   
お問い合わせ

ネット通販受注日


赤の日は
出荷・返信メールを
休ませて頂きます

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             
ご案内
上記ピンク休日に頂戴しましたご注文・お問い合わせ等については、翌営業日に順次ご対応させていただきます。何卒ご容赦ください。

SSLショッピングカート



 

生クリーム温度注意! 

私どもで使われているフレッシュ生クリームは乳脂肪48%で最高級の生クリームを使用
しており、保存5℃・泡立て温度6〜7℃・15℃以上に上がらない用注意しております、
泡立てるクリームの下に必ず氷を敷いてあわ立てております。
なぜなら(きめ細やかでつやのある状態にするためで
生クリーム内の乳脂肪分は10℃から急にバサバサ状態に近づきます。
一度バサバサ状態になった生クリームは、冷ましても味や質が元に戻りませんので
生クリーム『高乳脂肪』は非常に温度がデリケートなクリームですので注意してください

私どもの生クリーム大福を販売するときは、夏は特に持ち変える時間を気にしており
お持ち帰る時間を聞くようにしており、遠方にお持ち帰りの場合、
スチロールかクーラーボックスでお持ち帰るようお願いしております。

私どもが、こだわって製造した生クリーム大福を最高の状態でお持ち帰り頂き
最高の状態で本物の生クリーム大福を召し上がって頂きたいと願っております


洋菓子屋さんのケーキを買って臭いが変だと思ったことがないですか?
生クリームには、臭いを吸収する性質を持っており、ケーキケース(冷蔵庫)の臭いを
吸収しており、ケーキケースに備長炭・りんごなどを入れて冷蔵ケース内の臭いを
とることもあります。

クリームには、コーヒー用とホイップ用の種類があります
お菓子に使われる物は一般にホイップ用が使われています
おおまかに分けると
ホイップ用にはヤシ油・パーム油・なたね油で作られた植物性脂肪のクリーム
乳脂肪分をと植物性脂肪分を混合したホイップクリーム
乳脂肪分だけのフレッシュ
もっとも使用されている生クリームは、植物性油脂を配合した合成クリームです

生クリームを長い時間泡立てると水と油脂(バター・マーガリン)に分離します

御餅について
おもちは製造して、すぐ冷凍した御餅は、解凍しても柔らかいままでいます
一度試して見て下さい

 



Copyright(c)2006kadoyakasihoAll Rights Reserved